主婦の借金返済

お金を借りたら返すのが大変なんです!

買い物する主婦

専業主婦をしていると、たまにパァ〜っとお金を使いたくなる時があります。

 

お金を使いたいというよりも、買い物してストレスを発散したいと言った方が正解かもしれません。

 

普段は買いたい洋服や靴などを我慢していることが多いので、ストレスが爆発したときは買い物に歯止めが利かなくなってしまうのです。

 

最近は安い洋服などもあるのですが、百貨店なのでストレスが爆発しまうとあっという間に10万円ぐらいのお買い物になってしまいます。

 

買うときはクレジットカードなので支払うのでお金を使った感覚があまりないのですが、いざ請求が来てから困ったことになってしまう主婦の人が多いようです。

 

へそくりなどをしていればそこから補填するのですが、たいていの場合へそくりもなくどうしていいかわからなくなってしまいます。

 

 

そんな時に「お金借りる方法」などでググると、大抵は消費者金融からお金を借りる方法を見つけることになります。

 

背に腹は代えられないので、消費者金融でキャッシングをしようと申し込みをするのですが必ず審査落ちしてしまいます。

 

というのも総量規制対象が改正されてからは、消費者金融で専業主婦がお金を借りることができなくなったからです。

 

しかし総量規制対象外の銀行カードローンでは、専業主婦でも配偶者に安定した収入があればお金を借りることができます。

 

それを知った主婦の人は、銀行カードローンでお金を借りようとします。

 

旦那さんにも内緒でお金を借りることができるので、とりあえずクレジットカードの支払い日までにキャッシングをして返済にあてる人が多いのです。

 

もちろんカードローンでキャッシングしたお金も返済しなければなりません。

 

月一万円のリボ払いなどに設定しておけば、何とか毎月のやりくりで返済することは可能なようです。

 

 

といっても、これで大丈夫というわけではありません。

 

中には返済がまだ終わっていないのに、新たにクレジットカードで買い物をしてしまう主婦もいます。

 

そうなるとカードローンの追加融資をすることになり、借金が雪だるま式に増えていってしまうのです。

 

気づいた時にはびっくりするぐらいの返済が残ってしまい、旦那に相談しても解決できず自己破産を選択する主婦もいるほどです。

 

最初はストレス発散のつもりでした買い物が、いつの間にか自分の首を絞めることになってしまうのです。

 

クレジットカードやキャッシングは借金だということを認識して、現金でやりくりできる範囲で日常生活を過ごすことが大切です。

 

ストレス発散は違う方法でするようにしましょう。